« タイヤ・ホイール交換 | トップページ | 「お嬢様をお預かりしています」 »

2004年7月19日

タイヤ交換インプレッション

ようやくアルミホイールが入荷したので、タイヤとホイールを交換した。ショップを出てすぐ、ステアリングが軽くなったのが分かった。交差点の左コーナーは今までオーバーステア気味で、一番左の車線から一番左の車線に入るのが苦しかった。交換後は、すっと鼻が入る感じで、インベタで回れる。

そもそも、プジョー306に195/50R15というタイヤはオーバーサイズなのだろう。306に乗り始めた頃、雑誌などで評されるほど乗り心地がよくないので怪訝に思っていた。その原因はタイヤだったようだ。太いタイヤ/大きなアルミホイールをつけて見栄えをよくするのは、輸入車販売の常套手段だ。モデル末期になると、セールスポイントを一つでも多くするため、ホイールが大きくなる。306の初期型は13インチか14インチだったはずで、2003年モデルから15インチが標準になった。

ホイール交換のついでに14インチホイールにインチダウンするという選択もあった。その方が、より306らしくなっただろう。それでも15インチを選んだのは、14インチはホイールの品揃えがあまり無かったせいでもあるが、ホイールが大きい方がやっぱり格好いいからだ。やっぱり私は日本人なんだと少々複雑な気分である。

|

« タイヤ・ホイール交換 | トップページ | 「お嬢様をお預かりしています」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイヤ・ホイール交換 | トップページ | 「お嬢様をお預かりしています」 »