« ヤンキース観戦旅行(5) ~ 電気自動車と風力発電所 | トップページ | ヤンキース観戦旅行(7) ~ スポーツ報道の日米比較 »

2005年9月15日

ヤンキース観戦旅行(6) ~ ディジタル=ガジェット

シリコンバレーが近いためだろうか、ディジタル=ガジェット(小道具)をよく目撃した。

まずiPod。往復の飛行機の中でも、サンフランシスコ市内や郊外へ行く電車の中でも、iPodを使っている人をよく見かけた。往路はボーイング747の中央4列に座ったのだが、4人中3人がiPod使用。隣の外国人は、乗って来るなりiPod Miniの電源をオン。離陸して10分たつまで電子機器は御法度のはずなのにお構いなしだ。着陸直前には、どうやらiPod Miniのバッテリが切れたらしく、こんどは携帯電話で音楽を聴こうと、飛行中なのに携帯の電源をオン。客室乗務員も特に注意しなかった。これでいいのか?

ホテルのコンシェルジェは、PCでレストランの情報を検索した後、Bluetoothのヘッドセットを装着して電話をかけていた。ホテルから空港へ向かうシャトルの運転手もBluetoothのヘッドセットを使用。日本ではほとんど見かけないBluetoothだが、サンフランシスコでは普及しているようだ。聞くところによると、ヨーロッパではさらに普及しているとか。

展示会場や電車のホームなどうるさい場所で携帯電話を使うときに備えて、カバンの中にいつもイヤホンマイク(ソニー DR-EX150)を入れている。しかし、これはコードが邪魔だ。ワイヤレスのBluetoothならすっきりと使えそうで、以前から興味を持っている。残念ながら日本では、Bluetooth対応携帯が数機種のみ。auだと東芝しか品揃えがなく、いまのところ普及する気配すらみえない。通話よりメールが主体なため、需要がないということだろうか。

|

« ヤンキース観戦旅行(5) ~ 電気自動車と風力発電所 | トップページ | ヤンキース観戦旅行(7) ~ スポーツ報道の日米比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤンキース観戦旅行(5) ~ 電気自動車と風力発電所 | トップページ | ヤンキース観戦旅行(7) ~ スポーツ報道の日米比較 »