« ヤンキース観戦旅行(8) ~ ファンの応援と試合前の練習 | トップページ | キーボードのカスタマイズ(1) ~ CtrlとCaps Lockの入れ替え »

2005年9月21日

ヤンキース観戦旅行(9) ~ ファンサービス

20050903coliseum

NHKのメジャーリーグ中継は、イニング間で試合のハイライトを流しているため、攻守交代の間に球場で何が起こっているかわからない。今回の試合でそれを実際に体験することができた。マカフィー=コロシアムでは、スコアボードの大型ディスプレイ(右の写真で松井の選手紹介や広告が映っているところ)を使って様々なアトラクションをやっている。

たとえば、赤・白・黒の3個のチェッカーがサーキットを回るレースとか、野球帽の中にコーラ瓶を隠してシャッフルし、何番の帽子に入っているかを当てるクイズなどだ。当てたからといって何かもらえるわけじゃないのに、みんな大いに盛り上がっていた。観客を楽しませようというチームの配慮もさすがだが、試合以外のことでも思いっきり楽しもうというアメリカの観客の姿勢がうかがえた。悪い言い方をすると脳天気。

私が見たプロ野球チームのなかでは、千葉ロッテマリーンズがファンサービスに力を入れていて、球場前の広場でマスコットのマー君、リンちゃん、ズー君が子どもと記念撮影したり、試合開始前にバレンタイン監督の英語講座を流したりしている。他の球団では、東北楽天イーグルスの選手の査定にファンサービスの項目があるそうだ。逆に、4年ほど前に東京ドームで日本ハムの試合を見たときは、ファンサービスらしきものが何もなかった。札幌に移ったいまはどうだろうか。

何でもメジャーリーグをまねればよいというものではないけれども、いいところはどんどん取り入れていくべきだ。いうまでもなく、プロスポーツはファンあってのものである。

|

« ヤンキース観戦旅行(8) ~ ファンの応援と試合前の練習 | トップページ | キーボードのカスタマイズ(1) ~ CtrlとCaps Lockの入れ替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤンキース観戦旅行(8) ~ ファンの応援と試合前の練習 | トップページ | キーボードのカスタマイズ(1) ~ CtrlとCaps Lockの入れ替え »