« 転職すると年収は上がるか? | トップページ | スポーツクラブビジネスの将来 »

2005年10月 8日

コダックのフィルムは美味?

20051003telepia
エプソンのフラットベッドスキャナGT-X750を手に入れ、友人にもらったプリント写真、雑誌のスクラップ、そして旅行の記念にとっておいたパンフレットや行楽施設の入場チケットなども、整理がてらデジタル化している。

マルタイ棒ラーメンの画像もスキャンしたものだ。フラットベッドスキャナはマクロ撮影機として使えるのである。カメラでの静物撮影はライティングに気をつかったり、手ぶれを防ぐために三脚を設置したりと、けっこう面倒。スキャナを使うと、簡単にきれいな静物撮影ができる。これはもともと山根一眞氏が雑誌「DIME」で披露していたアイディアだ。

さて、我が家に1990年前後に撮影したネガやポジが大量に保管してある。36枚撮りネガで100本以上。その当時、写真撮影に凝っていて、一眼レフ(ニコンF801やキヤノンEOS 630)で撮りまくっていた。これを徐々にデジタル化しようと思っている。真面目に取り組むと、1年以上かかりそうだが。

まずポジフィルムをスキャンしてみた。解像度など設定パラメータの組み合わせをいろいろ試した結果、2400bpiでDigital ICEをオンにした設定がよさそう。Digital ICEを使うとスキャン速度が遅くなるけど、ブロワーで取りきれない細かいホコリをうまく除去してくれる。スキャン中は本でも読んでいればいい。

ショックだったのは、保存状態が悪かったらしく、カビが生えているフィルムが何枚もあったこと。Digital ICEである程度除去できるが、青空の部分に生えているものは完全には取りきれず、画像処理ソフトで修整しなければならない。実はこういったこともあろうかと、Photoshop Elementsが付属しているGT-X750を選んでおいた。

たとえば右の写真。これは1990年に撮影した建設中のテレピア(名古屋市東区)だ。なぜか同じファイルの中でも、富士フイルムのフジクローム(RDP)が軽傷なのに、コダックのエクタクローム(右の写真もそう)は両面にカビがびっしり。カビはエクタクロームがお好き?

|

« 転職すると年収は上がるか? | トップページ | スポーツクラブビジネスの将来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 転職すると年収は上がるか? | トップページ | スポーツクラブビジネスの将来 »