« サポートマネージャの勝負ネクタイ | トップページ | 「社長募集 年俸3000万円以上 完全週休2日制」 »

2005年10月30日

ヴィトン君

NetWorld+Interop Tokyo(2005年からInterop Tokyo)やWPC EXPOのような展示会に行くと、各社のブースのコンパニオンたちが客を誘導したりアンケートを回収したりしている。彼女らが目当てのカメラ小僧も多い。そんな中に、展示会の経験が長い人々の間で有名な異色の存在がいる。人は彼を「ヴィトン君」と呼ぶ。

ヴィトン君の名前は、彼がいつも持っているルイ=ヴィトンの大きなバッグ(アタッシュケース)から来ている。妻が最初に目撃した時はキャリーケースだったそうだ。ヴィトンを愛用し続けているが、バッグの種類は変わることがあるらしい。

ヴィトン君は、いつも決まって赤の帽子に赤いブルゾン姿で、赤いスニーカーを履いている。近くでしげしげと見るわけにいかないが、ウェアや帽子にフェラーリの跳ね馬ロゴがついているようにみえる。

最初はカメラ小僧だと思った。しかし写真を撮っている気配はない。注意してみていると、ときどきコンパニオンと親しそうに話をしている。いったい彼は何者なのだろうか。

あるイベント運営会社の社員、つまりコンパニオンとの付き合いが多い人によると、彼のバッグの中にはコンパニオンのお助けグッズが入っているらしい。伝線したときのためにストッキング、のどが渇いたときのためのドリンク、はては生理用品も入っているとか。以前に一度、バッグを床に広げてコンパニオンと二人でなにやら話し込んでいる姿を目撃したことがある。お助けグッズを渡していたのだろうか。

しかし、正体不明の男性からもらったストッキングや生理用品を使うだろうか。彼は怪しくないから大丈夫と先輩のコンパニオンから聞かされていたとしてもだ。

さらに不思議なのは、平日の昼間にもかかわらず、会期中は毎日のように展示会に来ていることだ。仕事に行かなくていいのだろうか。仕事をしなくても食べていけるくらいの資産があるのだろうか。

謎に包まれたヴィトン君だが、彼に接触し話を聞いた人のレポート(ブログ)を発見した。写真も載っていて、フェラーリの跳ね馬ロゴが帽子についていることが確認できた。そのほかの謎については、ぜひレポートを参照して欲しい。

米林ジャーナル
http://www.yonebayashi.com/yoneja/

|

« サポートマネージャの勝負ネクタイ | トップページ | 「社長募集 年俸3000万円以上 完全週休2日制」 »

コメント

こんにちは。

奥さんのコメントどおり、昔はさらに大型のキャリーケースで闊歩していたよです。ボクの周囲にも複数証言があります。
いずれはポーチくらいになっていくと、また面白いのですが。

投稿: yone | 2005年10月30日 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サポートマネージャの勝負ネクタイ | トップページ | 「社長募集 年俸3000万円以上 完全週休2日制」 »