« 公衆無線LAN | トップページ | バカと思われないためのスペルチェック »

2005年11月13日

メールのテキスト整形(秀丸エディタのマクロ)

橋本大也氏のブログ「情報考学 Passion For The Future」は、本やツールの情報収集に重宝している。今日のテーマは「ドラッグアンドドロップでテキスト整形 簡単!一発改行ツール」。メールのテキストを72バイト目付近で改行し、ネチケットに沿ったレイアウトにするときに役立つツールの紹介だ。

私は秀丸エディタで文章を書いて、Outlookにコピーしている。秀丸エディタの長所は、マクロで機能拡張ができること。上で述べたテキスト整形用のマクロがいくつも公開されている。私は、Y.Tombi氏の「DAN 段落整形マクロ ver 1.13」を使っている。1993年作のずいぶん古いものだが、秀丸エディタ最新版でも問題なく動作する。

このマクロのいいところは、秀丸エディタで編集しながら整形できるのはもちろん、


  • 整形済み段落に文字を挿入したり削除しても、簡単に再整形できる

  • 段落ごとに整形できるので、整形したくない部分、たとえば長いURLの行をそのままにしておける

  • 行頭に空白を入れておけば、段落全体をインデントできる

という3点だ。10年くらい使い続けていて、いまでは必需品のマクロだ。

|

« 公衆無線LAN | トップページ | バカと思われないためのスペルチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公衆無線LAN | トップページ | バカと思われないためのスペルチェック »