« 「ManatenanceabilityとModulalityを提供」 | トップページ | Office文書による情報漏洩を防ぐ »

2006年4月 9日

ロジクールのコードレスマウス MX-610

ロジクールのコードレス マウスMX-610を買った。私のまわりには、マイクロソフトのワイヤレスマウスを使っている人が多い。それなのに私がロジクールを選んだのには理由がある。ThinkPadで使うには、ロジクールでなければならないのだ。

ThinkPad T42は、UltraNav(ウルトラナビ)というポインティングデバイスを装備している。UltraNavは、ThinkPad伝統のトラックポイントと、最近のノートPCで主流のタッチパッドの両方を組み合わせたもので、好みや目的によって2種類のデバイスを使い分けることができる。

たとえば、マウスカーソルを一気に大きく動かすときはトラックポイント、微妙に動かすときはタッチパッドが向いている。さらにUltraNavのタッチパッドは、パッドの右端をなぞると上下スクロール、下端で左右スクロールができる。トラックポイントでも中央ボタンを押しながらスティックを動かせば上下左右スクロールできるのだが、スティックと中央ボタンを同時に操作するために、指を2本を使わなければいけない。タッチパッドの方が楽だ。

非常に便利なUltraNavだが、残念ながら最新の外付けマウスにはおよばない。机でばりばりと仕事をするときは、よい外付けマウスを使いたい。

キーボードと同じく、マウスも凝り出すときりがない。これまでいろいろなマウスを使ってきて、ここ2年は、知人にもらったロジクールのコードレスマウスMX-700を使っていた。その当時の最高級マウスだが、欠点は少々重いことと、付属のマウスソフトMouseWareがノートPC付属のマウスソフトと共存できないことだ。

MX-700は充電池を内蔵しているため重量がかさみ、動きが鈍くなる。有線マウスに比べて、マウスを動かし始めるときに力を入れなければいけない。クルマにたとえると、エンジンが同じなら軽いクルマの方がスタートダッシュに強いのと同じ理屈だ。この問題は、エアーパッドプロとエアーパッドソールを組み合わせて使うことで解決。この組み合わせ(究極セットIII)は、エアーホッケー感覚というか、ワックスのきいた廊下を靴下で滑る感覚というか、マウスの動きが別次元である。あまり軽く動きすぎるので、慣れるまでは希望の位置にマウスカーソルを止められなかったくらいだ。

いっぽうMouseWareの問題は深刻である。ThinkPadはもちろん、ほとんどのノートPCには、内蔵ポインティングデバイス用のマウスソフトウェアがインストールされている。ロジクールのMouseWareやマイクロソフトのIntelliPointは、これらのマウスソフトを置き換えてしまい、内蔵ポインティングデバイスの機能を使えなくしてしまうことがある。

MX-700を使っていたときは会社のノートPCを外に持ち出すことがほとんどなく、内蔵ポインティングデバイスを無効にしても問題なかった。しかしいまの会社に移ってから、外出先でThinkPad T42を使う頻度が大幅に増えた。UltraNavの機能を殺すわけにはいかない。せっかくのMX-700はお蔵入りとなり、マウスソフトウェアなしで使えるロジクールのノートブック オプティカル マウス プラスでお茶を濁していた。

そんなときに目にとまったのが、「モバイラーだからこそ徹底してこだわりたい──モバイルワイヤレスマウス新モデル3製品を試す」という記事。ロジクールの新しいマウスソフトウェアSetPointは、ノートPCのマウスソフトウェアと共存できると書いてある。半信半疑でSetPointをダウンロードしてインストールしてみたところ、まさに希望通り。UltraNavのソフトウェアはそのまま残っている。これなら、会社で外付けマウスを使っていても、外出時にはUltraNavの全機能を使える。

さてMX-610は、ボタンの配置・マウスの形状・ボタンのクリック感のどれも文句の付けようがない。本体は剛性感があり、使っていた安心感がある。かちっとしたボタンのクリック感は、人によっては固いと感じるかもしれないが、私の好みに合っている。黒をラインナップしているから、ThinkPadとカラーコーディネートできる。

電池式という点もいまの仕事環境に好都合だ。MX-700やその後継機種MX-1000は充電式で電池代がかからないという利点の裏返しとして、充電台兼ワイヤレスレシーバが必要というのが欠点だ。パソコンのUSBポートとコンセントに接続するケーブルがけっこう邪魔なのだ。厳密にいうと「コードレス」マウスではない。いまのオフィスは自分専用のデスクがなく、大きなテーブルを数人で共用している。テーブルの上に充電台を常設できない。その点、電池式のMX610は電源コードが必要ないし、ワイヤレスレシーバはUSBメモリ形状の小型で、直接USBポートに差し込む形態だ。外に出かける時は自分の道具入れにマウスといっしょに放り込んでおけばよい。

(2007年5月19日追記)
IntelliPoint 6.1をThinkPad T42にインストールしたところ、UltraNavドライバがそのまま使えることがわかった。コントロールパネルの「マウス」に両デバイスの設定タブが共存している。インストール順番が逆の場合にどうなるかは未検証だ。

|

« 「ManatenanceabilityとModulalityを提供」 | トップページ | Office文書による情報漏洩を防ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ManatenanceabilityとModulalityを提供」 | トップページ | Office文書による情報漏洩を防ぐ »