« Firefox 2.0へアップグレード | トップページ | 日本人の「定食メンタリティ」 »

2006年11月16日

iPodを復元(リストア)

最近iPodの調子がよくないので、復元(リストア)してみた。結果は良好。3つの問題で快適さが損なわれていたのだが、どちらも一気に解決した。

問題の1つは音飛び。曲の初めで1秒くらい音が途切れることがある。特に顕著なのが、J-Waveのポッドキャスト「GOOD MORNING TOKYO J.LEAGUE INTO THE PITCH」。「ゴ~~~ル!」という別所哲哉の雄叫びで、必ずと言っていいほど音飛びしていた。復元後、数回聴いたが、まだ起きていない。

20061115itunes
もう1つはiTunesと同期した後の状態。iTunes 7にアップグレードした後から、iPodの更新が終了しても、取り外せなくなった。「接続を解除できます」というメッセージが出ず、「取り出し」を実行すると「他のアプリが使用中」といったメッセージが出て、取り出し可能にならない。しばらくそのままにしておくか、ウイルススキャンソフトを一時的に無効にする必要があった。iPodをディスクとして使うように設定しているときに起きる現象に似ている。iTunes 6まではこんなことがなかったので、iTunes 7での不具合かと思っていた。

3つめは、iPodの電源が切れなくなる問題。クリックホイールの再生/一時停止を押し続けても電源が切れないことがたびたびあった。このときは、どうやらハードディスクが回り続けているらしく、電池の減りがいつもより速い。リセットすれば復帰するが、出張などの長時間の移動中にこれが起きると、現地に着くまで電池が持たない。どうしたものかと思案していたところだった。この問題もiPodの復元で直ったようだ。もうしばらく経過を観察する必要があるが。

結果的には、iPodの復元ですべての問題が解消したわけだ。このiPodを使い始めて1年と数ヶ月。Windows PCと同じく、たまに初期化してきれいにした方がいいのかもしれない。

Windows PCの再インストールは一仕事だが、iPodの復元操作は簡単。しかも、iTunes 7でとてもわかりやすく改良された。iPodを接続して「復元」ボタンを押すだけだ。復元用のパッケージを自動的にダウンロードし、iPodを初期化する。あとは画面の指示に従ってiPodの名前や地域などの初期設定を行えばよい。再びiTunesと同期すれば、PCのライブラリをiPodに転送してくれる。30GB近いライブラリの全転送はUSB 2.0でも相当時間がかかるが、寝る前に始めてほったらかしておけば、朝には終わっている。

|

« Firefox 2.0へアップグレード | トップページ | 日本人の「定食メンタリティ」 »

コメント

 私のiPodは先日、リストアの甲斐もなく昇天しました。

 中身がハードディスクである、ということを忘れてかなり酷使してるし、鞄の中やズボンのお尻のポケットやらにつっこむし、致し方なし…?
 修理に出してね、とiPodが言ってきたので修理に出しました。中身が入れ替わり、厳密な意味では修理ではなく、おなじみさんにちょっとお安く売ります、でした。


 私は別所さんに代わってから、Good Mor…は気かなくなりました。
 川平兄弟特有のあのテンションの高さが好きでした。(/ー ̄;)

投稿: 縁側昼寝犬 | 2006年11月30日 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Firefox 2.0へアップグレード | トップページ | 日本人の「定食メンタリティ」 »