« ハードディスク故障で泣かないPCの使い方 | トップページ | Firefox 2.0へアップグレード »

2006年11月11日

ThinkPad X24にRescue and Recoveryをインストール

新しいソフトウェアの評価テストなどに使っているThinkPad X24の内蔵ハードディスクを換装し、OSを再インストールして環境を再構築した。Lenovo(旧IBM)の無償リカバリツール、Rescue and Recoveryもインストール。以前の環境で使っていたツールだが、今回のインストールでは少々手こずった。

Rescue and Recovery v2.04をインストールすると、次のエラーが出てしまう。前回インストールしたときは、こんなことがなかった。

この Windows インストーラ パッケージには問題があります。セットアップの一部として実行されるプログラムは正しく完了しませんでした。サポート担当者またはパッケージのベンダに問い合わせてください。

Lenovoのサポートにメールしたら、約1時間後に返事が戻ってきた。送ってきた修正ファイルを実行して、再度Rescue and Recoveryをインストールしたら、今度は問題なく完了。

この修正ファイルは、マスターブートレコード(MBR)を修復するもの。換装したハードディスクは以前、外付けUSBハードディスクとして使っていたから、Rescue and Recoveryが期待するMBRが書き込まれていなかったようだ。Lenovoのホームページにある「Rescue and Recovery - リカバリー修復ディスケット」では解決できない。サポートから修正ファイルをもらう必要がある。

バックアップとリカバリの準備ができたので、付属ソフトウェアを最新版にアップデートしたり、Windowsのサービスパックやセキュリティパッチを適用し、最低限必要なアプリ(秀丸エディタ、キーボードカスタマイズなど)をインストールする。ここまで環境を作ってRescue and Recoveryでシステム全体をバックアップする。いろいろなソフトウェアをインストールして不安定になっても、この時点のバックアップでリカバリすれば、元のクリーンな環境に戻せる。

|

« ハードディスク故障で泣かないPCの使い方 | トップページ | Firefox 2.0へアップグレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハードディスク故障で泣かないPCの使い方 | トップページ | Firefox 2.0へアップグレード »