« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の2件の記事

2007年1月24日

三色ボールペンの機種変更

本を読む時を中心に齋藤孝氏の三色方式を実践していて、三色ボールペンは必需品。これが手元にないと不安になる。これまで、三色方式を知ったきっかけの「三色ボールペンで読む日本語」に付いていたパイロットのフィードGP3(特製)を使っていたが、ゼブラのクリップ-オンG(4色)に変えた。

フィードGP3で一番気になるのはインクのボテが少々多いこと。書き始めのインクの出もいまひとつよくない。クリップ-オンは書き味がスムーズで、ボテもいまのところ気にならない。黒インクは私には不要だが、軸の太さはGP3とほぼ同じだから、じゃまにはならない。ごくまれに、黒のボールペンが必要な場面もある。

(当ブログの関連記事)
三色ボールペン読書術・情報活用術
http://raven.air-nifty.com/night/2005/09/post_a46d.html

三色ボールペンの機種変更
http://raven.air-nifty.com/night/2007/01/post_21c6.html

| | コメント (0)

2007年1月10日

「今インドから目を離すな!」(伊藤洋一のビジネストレンド第67回)

中国とインドは、IT産業では切っても切り離せない仲だ。私の会社の開発陣も、半分くらいはインド出身のエンジニアで、しかも非常に優秀。開発の一部をインドにアウトソースもしている。

毎週聴いているポッドキャスト「伊藤洋一のビジネストレンド」。第67回はインドがテーマで、とても興味深かった。メモとして書いておく。

シン首相が来日。シン首相は、大蔵大臣時代に経済開放政策に梶を切った人物。日印は良好な関係を維持している。中国・韓国・北朝鮮との間のような障害はない。安保理常任理事国入りでも協調した。

インドのニーズは、道路や水道などのインフラの整備への日本の技術や資本の投下。いっぽう日本はマーケットとして重視しており、お互いのニーズは明確。「戦略的グローバルパートナーシップ」を組むのは。非常に意味があること。

80年代末まで、インドは世界経済から取り残されていた。ネール首相以来の社会主義により、輸入に高い関税をかけるなどして国内産業を保護。その結果、競争意識が欠如し、経済成長も生まれなかった。さらにインド伝統のカースト制度は、他の領分を侵さないのがルール。これでは起業家精神が養われない。

インド最大の財閥企業タタを生んだのは、パルシー(ペルシャが語源)と呼ばれるイラン移民。たった18万人程度だが、イギリス人が植民地政策で重用したり、パルシーとシーク教徒だけがカーストの制約に縛られなかった。3000とも4000とも言われるカーストは、小さな国やマーケットの寄せ集めと考えられる。カーストを横断できる立場を利用して、自然と力を持った。

インドは、ITとともに世界経済へ登場した。ITはカーストの枠に入らない新しい産業(超カースト)。できる人がやる職域で、カーストの枠を超えて、できる人が集まった。さらにアメリカや世界銀行のニーズに合った。アメリカのエンジニアの6分の1の賃金という低コストで、Y2Kのエンジニア不足を補った。需要が集まる→富が集まる→給料上昇→人が集まるというポジティブなスパイラルで大きな産業に成長。

インド人のITに対する適性(英語と数字に強い)も功を奏した。英語はイギリス植民地の置きみやげ。1本の指で4つ数え、かけ算や割り算も手でできる、99×99まで小学校で覚える。時差も利用できる。たとえば、アメリカの夜間にカルテデータを入力し、朝までに送り返す。

外交がうまい。パキスタンは少々ごたごたしているが、中国やアメリカと和解したし、対立している国がない。

インドが成長を続けるポイントは、教育、イスラム教徒ヒンズー教徒対立、インフラの整備。識字率が35%と非常に低い。農村の貧困。都市のスラムへ移住するが、学校に通わせない。豊かさに参加できるのは2割。裕福なイスラム教徒は、イギリス植民地からの独立時にパキスタンへ移った。インドに取り残されたイスラム教は貧困。差別されていると感じている。テロは収まらないだろう。マーケットが細かく分かれているので、難しい。カースト別はもちろん、北と南でも嗜好が全然違う。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »