« 「今インドから目を離すな!」(伊藤洋一のビジネストレンド第67回) | トップページ | 電車の中ではボールペンもマナーモードに »

2007年1月24日

三色ボールペンの機種変更

本を読む時を中心に齋藤孝氏の三色方式を実践していて、三色ボールペンは必需品。これが手元にないと不安になる。これまで、三色方式を知ったきっかけの「三色ボールペンで読む日本語」に付いていたパイロットのフィードGP3(特製)を使っていたが、ゼブラのクリップ-オンG(4色)に変えた。

フィードGP3で一番気になるのはインクのボテが少々多いこと。書き始めのインクの出もいまひとつよくない。クリップ-オンは書き味がスムーズで、ボテもいまのところ気にならない。黒インクは私には不要だが、軸の太さはGP3とほぼ同じだから、じゃまにはならない。ごくまれに、黒のボールペンが必要な場面もある。

(当ブログの関連記事)
三色ボールペン読書術・情報活用術
http://raven.air-nifty.com/night/2005/09/post_a46d.html

三色ボールペンの機種変更
http://raven.air-nifty.com/night/2007/01/post_21c6.html

|

« 「今インドから目を離すな!」(伊藤洋一のビジネストレンド第67回) | トップページ | 電車の中ではボールペンもマナーモードに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「今インドから目を離すな!」(伊藤洋一のビジネストレンド第67回) | トップページ | 電車の中ではボールペンもマナーモードに »