« 列車の停車駅はwillか現在形か | トップページ | 整った字を書くのに効果的な「六度法」 »

2009年1月24日

リングノートを横にして使う

大多数の人は横罫のノートを縦のまま、つまり左右開きで使っていると思うが、私は方眼のリングノートを横にして使っている。

打ち合わせのメモは、キーワードだけを書き留めたり、決定事項やアクションアイテムを箇条書きにしたり、システム構成図などの図表を描いたりする。まとまった文章を書いているわけではないから、罫線はあまり意味がない。方眼や無地のページに自由に書いた方がいい。

いざ始めてみると、これがなかなかいい具合だ。おおむね左側を使い、右3分の1くらいは空白が多い。打ち合わせの時に思い付いたアイディアをその部分に書き留める。ちなみにその部分は緑色のインクを使う。斎藤孝の三色方式だ。重要はキーワードは赤いインクで下線を引いたり丸でぐるぐる囲んだり、キーワード間を線で結んだりする。自分のアクションアイテムは、赤インクで四角のチェックボックスを着けておく。こうすれば忘れない。

リングノートを使っているのはもともと打ち合わせの同席者にほかのページを見られたくないためだが、横にして使いやすいというメリットもある。さらにリングを上にすると、書くときの邪魔にならない。

(本ブログの関連記事)
打ち合わせで使うノートの条件
http://raven.air-nifty.com/night/2006/11/post_576a.html

|

« 列車の停車駅はwillか現在形か | トップページ | 整った字を書くのに効果的な「六度法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 列車の停車駅はwillか現在形か | トップページ | 整った字を書くのに効果的な「六度法」 »