« Norton AntiVirus 2009の「権限がないアクセス」メッセージ | トップページ | VMwareゲストがVMware Server 2のインベントリに追加できない »

2009年7月 3日

legitimate

legitimateという単語を見聞きすることがときどきある。新しい言葉は、インプットするだけではなかなか身につかないので、アウトプットしてみよう。用例をいくつか拾ってみた。

ファームウェアやOSがハードエラーを誤検出することがある。誤検出は「false alert」あるいは「false positive」という。ウイルスの誤検出も同様である。反対に、どう考えても正真正銘のハードウェアエラーであるときは「legitimate」を使うとよい。以下は同僚のハードウェアエンジニアが書いたメールの一部である。

This looks like a legitimate memory issue.  I think this DIMM needs to be replaced.

legitimateの用法には、「まっとうな」「合法的な」という意味もある。以下の例文では、Webサイトへ悪意をもって送られた大量のリクエストによって、本来処理すべきリクエスト(legitimate incoming traffic)が処理できなくなることについて述べている。

somebody basically sends so many requests to your - phony requests, but requests - to your website that you spend all your bandwidth trying to handle them and can't handle legitimate incoming traffic.

最後の例文は、送信元IPアドレスを偽装したパケットなのか、正しく送られたパケットなのかを簡単には識別できないということについての話である。後者のことをlegitimate packetと言っている。right packetでもcorrect packetも、この文脈にはそぐわないだろう。

STEVE:  Ah, well, now, that's another good point, is the other thing that these packets are doing is that they're spoofing their source IP.  When a legitimate packet comes to a server or to an end-user, it identifies who sent it, that is, by IP address, and what its destination is.  The destination IP gets it to you.  The source IP is the IP to which you send the return traffic.  So the packet has to have both.  In these denial of service attacks, the source IP is being randomized on purpose so that you really don't know if it's legitimate or not.

(参考記事)
Security Now! Episode #8
http://www.grc.com/sn/sn-008.txt

|

« Norton AntiVirus 2009の「権限がないアクセス」メッセージ | トップページ | VMwareゲストがVMware Server 2のインベントリに追加できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Norton AntiVirus 2009の「権限がないアクセス」メッセージ | トップページ | VMwareゲストがVMware Server 2のインベントリに追加できない »