« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月の2件の記事

2011年8月 5日

SSDはHDDより信頼性が高いか?

Investigation: Is Your SSD More Reliable Than A Hard Drive? (Tom's Hardware)
http://www.tomshardware.com/reviews/ssd-reliability-failure-rate,2923.html

Webで9ページにもわたる力作。SSDを多数導入しているデータセンターに取材し、実運用場面での故障について調査している。彼の結論は、結局のところSSDがHDDより高信頼性だとは言えないということ。バックアップは必須である。そしてバックアップさえ取っていれば、SSD導入をためらう必要はない。私も気にしていたNANDフラッシュセルの書き込み上限回数は、故障の原因としては無視できる。SSD故障の大きな要因の一つはファームウェアである。

興味深かった点を抜き出してメモしておく。

エンタープライズ向けHDDとコンシューマ向けHDDに部品の違いはない。差を生み出すのは外部インタフェース、そしてファームウェアの設計。これがストレージ業界の秘密。同じことがSSDにも言えるのではないか。

HDDには故障の予兆が見られるが、SSDは突然死する。故障したSSDからのデータリカバリは、HDDからのリカバリに比べて難しい。全く不可能なこともある。

SMARTはあまり当てにならない。機械的故障の事前検出に最適化されたものであり、電気的故障には役に立たない。SSDの故障でSMARTが役に立った例はないとの証言あり。

高いI/O性能を出すのに必要なドライブ数がHDDに比べて減る。サーバ構成を単純にでき、電力消費も下げられる。冷却コストも下がる。パーツ点数が減れば、故障による交換回数も減る。

ブランドごとの信頼性の差は大きい。インテルはやはり信頼されているし、安価なOCZはDOAが多かったという証言もある。

SSDを2年以上使用したときのデータが不足している。HDDは5年間の統計データがある。

ディスクアレイ内でHDDが1台故障すると、もう1台故障する可能性が高くなる。RAID再構築もその要因。

HDDの温度は故障率と余り関係ない。

| | コメント (0)

2011年8月 1日

カラースキームSolarized

Solarizedは、Ethan Schoonover氏が開発したカラースキームである。長時間画面に向かうプログラマ向けに、目が疲れにくい配色を選んでいる。明度や色相を注意深く設定した16色を配することで、低コントラストでありながら、シンタックスハイライトの可読性を失わないように設計されている。いろいろなエディタやアプリケーション向けの実装が公開されている。

Red Hat Enterprize Linux 4とUbuntu 10.04.3 LTSでvimをSolarized化した。参考にしたのはEthanの書いたドキュメント。彼はvim使いなのだろう。

Solarized Colorscheme for Vim
http://ethanschoonover.com/solarized/vim-colors-solarized

■インストール

.vimディレクトリにSolarized配布ファイル内のディレクトリ3つ(autoload、colors、docs)をコピー。

■.vimrc

以下の行を追加する。明るい背景色に慣れているので、デフォルトはlightモードにした。F5キーを押せばlightモードとdarkモードを行き来できる。

call togglebg#map("<f5>")
set t_Co=16
let g:solarized_termcolors=16
let g:solarized_termtrans=0
let g:solarized_degrade=0
let g:solarized_bold=1
let g:solarized_underline=1
let g:solarized_italic=1
let g:solarized_contrast="normal"
let g:solarized_visibility="normal"
colorschem solarized

私の環境はデフォルトでt_Coが8だったのでset t_Co=16を追加した。

Ubuntu, vim, and the solarized color palette(Stack Overflow)
http://stackoverflow.com/questions/5560658/ubuntu-vim-and-the-solarized-color-palette

■solarized.vim

RHEL4のvim 6.3.34ではsolarized.vimの以下の行をコメントする。サポートしてないキーワードが含まれるらしく、vim起動時にエラーが出る。Ubuntu 10.04のvim 7.2.330は問題ない。

exe "hi! SpellBad"       .s:fmt_curl   .s:fg_none   .s:bg_none    .s:sp_red
exe "hi! SpellCap"       .s:fmt_curl   .s:fg_none   .s:bg_none    .s:sp_violet
exe "hi! SpellRare"      .s:fmt_curl   .s:fg_none   .s:bg_none    .s:sp_cyan
exe "hi! SpellLocal"     .s:fmt_curl   .s:fg_none   .s:bg_none    .s:sp_yellow

■putty

Solarized配布ファイル内のレジストリファイルでputtyのSolarizedセッションを作る。

さらにputty設定画面のWindow→Colourで「Bolded text is a different colour」をオフにする。これがチェックされていると、Bold体の配色が地の色とあまり変わらず、lsコマンドのカラー表示でファイルやディレクトリの区別が付けにくい。Bold体には伝統的に地のフォントと別の色を割り当てて区別していたが、今のターミナルソフトはBoldフォントを表示できるので、色を変える意味はない。

Sebastian TrampのGithubページ
https://github.com/seebi/dircolors-solarized

■.bashrc

Solarizedと関係ないが、「force_color_prompt=yes」行のコメントを外して、コマンドプロンプトでカレントディレクトリ部分がカラー表示されるようにする。

■gvim

UbuntuのGNOMEターミナルでvimを使うと配色が期待通りにならない。GNOMEターミナルのSolarizedが必要なのだろうか。Gvimは上記の設定で正しい配色になる。Synaptic Package Managerでvim-gnomeをインストールする。

■2012/05/29追記

yuya_prestoさんから、puttyの「Bolded text is a different colour」をオフにしたらまずいのではないかというコメントをもらったので、もう一度設定を見直してみた。

vimが使い物にならなくなるということだが、私の環境では「Bolded text is a different colour」をオンにしてもオフにしても、vimの配色は変化しない。dircolorsはLinuxのデフォルト設定を使っていたので、Sebastianのdircolors.ansi-universalをインストールした。これで「Bolded text is a different colour」がオンでもオフでもls出力がカラーになる。「Make sure that bold text is displayed using bright colors」「turn off the display of bold typeface for bold text」という指示は、puttyの場合は「Bolded text is a different colour」をオンにすることに相当するのだろうか。ファイル一覧が標準体で表示されるので、今までのボールドタイに慣れた目には、ちょっと細すぎる感じがするが、そのうち慣れるだろう。

コマンドプロンプトは、「Bolded text is a different colour」がオンだとモノクロ表示、オフだとカラー表示。これは「Understanding Solarized Colors in Terminals」を読みながら詳しく調べる予定。

ついでに、仕事で必要になってインストールしたばかりのCygwin 1.7 minttyもSolarized化してみた。まずsol.lightでカラースキームを設定する。カラースキームはmavnnのGitHubからダウンロードできる。これを.bashrcの中でsourceすればよい。vimのバックグラウンドがちょっと変な色になったが、Linuxで使っているのと同じ.vimrcで「let g:solarized_termtrans=1」(Linuxは0)を設定したら、putty + Linuxと同じ色になった。

mavnn/mintty-colors-solarized · GitHub
https://github.com/mavnn/mintty-colors-solarized

| | コメント (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »