« VMware PlayerでマウントしたISOイメージからyumでパッケージをインストール | トップページ | 字の小さい海外サイトを見やすくするFirefoxの設定(最小フォントサイズ) »

2012年1月25日

Linuxのpartedでパーティションを作るときの警告メッセージ

partedでパーティションを作るとき、ディスクの先頭からパーティションを作ろうとして開始位置に「0」や「0M」を指定すると、「The resulting partition is not properly aligned for best performance」という警告が出力される。 単位を付けないときはメガバイトと解釈するから、「0」は「0M」と同じことである。

(parted) mkpart primary 0M 2048M                                          
Warning: The resulting partition is not properly aligned for best performance.
Ignore/Cancel? Ignore                                                     
(parted) print                                                            
Model: VMware, VMware Virtual S (scsi)
Disk /dev/sdb: 21.5GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start  End     Size    Type     File system  Flags
 1      512B   2048MB  2048MB  primary

「0%」なら警告は出ない。

(parted) mkpart primary 0% 2048M                                         
(parted) print                                                            
Model: VMware, VMware Virtual S (scsi)
Disk /dev/sdb: 21.5GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start   End     Size    Type     File system  Flags
 1      1049kB  2048MB  2047MB  primary

以上はpartedをオプションなしで起動したときで、アラインメントはデフォルトのOptimalになっている。「-a minimal」を指定すると「0M」でも警告は出ない。

もう少し分かりやすいメッセージにしてくれという要望がRed Hat BugzillaのBug 726856に上がっている。

Bug 726856 - Better warning instead of 'Warning: The resulting partition is not properly aligned for best performance.'
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=726856

|

« VMware PlayerでマウントしたISOイメージからyumでパッケージをインストール | トップページ | 字の小さい海外サイトを見やすくするFirefoxの設定(最小フォントサイズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« VMware PlayerでマウントしたISOイメージからyumでパッケージをインストール | トップページ | 字の小さい海外サイトを見やすくするFirefoxの設定(最小フォントサイズ) »