« CentOS 5.8のsudoeditでシンタックスハイライト | トップページ | 英語配列キーボードでモードレス日本語入力 »

2012年8月 6日

CentOS 5.3を5.8にアップデート

テストに使っているVMwareゲストのCentOS 5.3を5.8にアップデートした。「yum update」一発であとは勝手にやってくれるのだが、会社のネットワークの中からはプロキシを通さないと外部サイトにアクセスできない。/etc/yum.confにプロキシサーバと認証アカウントを設定する。

proxy=http://******************:NNNN
proxy_username=************
proxy_password=************

パスワードを平文で書くのはどうにかならないものか。

全部で527個のパッケージをインストールしたりアップデートしたりし、総ダウンロード容量は724MBだった。

Transaction Summary
====================================================================================================
Install     65 Package(s)
Update     462 Package(s)
Remove       0 Package(s)

Total download size: 724 M

編集済みのシステム設定ファイルを上書きしないように、.rpmnewという拡張子のファイルが作られた。/etc/profile.d/vim.shだけは上書きして、既存のものを.rpmsaveに待避した。

warning: /etc/sysconfig/iptables-config created as /etc/sysconfig/iptables-config.rpmnew
warning: /etc/profile.d/vim.sh saved as /etc/profile.d/vim.sh.rpmsave
warning: /etc/updatedb.conf created as /etc/updatedb.conf.rpmnew
warning: /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo created as /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo.rpmnew
warning: /etc/sudoers created as /etc/sudoers.rpmnew
warning: /etc/yum.conf created as /etc/yum.conf.rpmnew

|

« CentOS 5.8のsudoeditでシンタックスハイライト | トップページ | 英語配列キーボードでモードレス日本語入力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CentOS 5.8のsudoeditでシンタックスハイライト | トップページ | 英語配列キーボードでモードレス日本語入力 »