« UbuntuでNISドメイン設定間違い | トップページ | 自分専用のvim 7.3を共用サーバにインストール »

2012年9月14日

TerminatorとGuakeをSolarizedカラースキームで使う

Ubuntu 11.10にTerminatorとGuakeをインストールしたが、起動時にGtkの警告が出る。

Gtk-WARNING **: Unable to locate theme engine in module_path: "pixmap"

gtk2-engines-pixbufがインストールされてないからである。apt-get install gtk2-engines-pixbufを実行すればよい。

Gtk-WARNING **: Unable to locate theme engine in module_path: “pixmap” « Ubuntu Technical
https://ubuntutechnical.wordpress.com/2011/11/7/gtk-warning-unable-to-locate-theme-engine-in-module_path-pixmap/

Ubuntu -- oneiric の gtk2-engines-pixbuf パッケージに関する詳細
http://packages.ubuntu.com/oneiric/graphics/gtk2-engines-pixbuf

人気のターミナルソフトだけあって、どちらもSolarizedカラースキームがある。

Solarized terminator colors
https://github.com/ghuntley/terminator-solarized

Solarized Colorscheme for Guake
https://github.com/coolwanglu/guake-colors-solarized

Guakeの方は、そもそもが他のウインドウの上に覆い被さってくる透明なターミナルなので、Solarizedカラースキームを使っているといっても、見た目がかなり異なる。vimではlightカラースキームを使っているが、Guakeではdarkの方が見やすい。このカラースキームはgconftool-2でGconfリポジトリの設定情報を書き換えている。元に戻せるようにデフォルトの設定をメモしておく。

/apps/guake/style/background/color
#000000000000

/apps/guake/style/font/color
#ffffffffffff

/apps/guake/style/font/palette
#000000000000:#cccc00000000:#4e4e9a9a0606:#c4c4a0a00000:#34346565a4a4:#757550507b7b:#060698209a9a:#d3d3d7d7cfcf:#555557575353:#efef29292929:#8a8ae2e23434:#fcfce9e94f4f:#72729f9fcfcf:#adad7f7fa8a8:#3434e2e2e2e2:#eeeeeeeeecec

|

« UbuntuでNISドメイン設定間違い | トップページ | 自分専用のvim 7.3を共用サーバにインストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« UbuntuでNISドメイン設定間違い | トップページ | 自分専用のvim 7.3を共用サーバにインストール »