« 英語配列キーボードでモードレス日本語入力 | トップページ | VMwareゲストUbuntu 12.04 LTSの3Dグラフィックス・アクセラレーション »

2012年9月14日

UbuntuにLubuntuデスクトップをインストール

【まとめ】

Lubuntuデスクトップ環境(lubuntu-desktop)がUbuntuソフトウェアセンターで見つからないときは、次のどちらかを試す。
(1)Update Managerでアップデートをチェックする(インストールする必要はない)
(2)Ubunto 11.10以前の場合はUbuntu 12.04 LTSへのアップグレードを起動して、途中でキャンセルする。これもインストールする必要はない。
「apt-cache search lubuntu」で検索して見つからないときも同様の対処でよいはず。
会社などでプロキシサーバを経由するときは、/etc/apt/apt.confに設定しておく。

Ubuntu 12.04 LTSのインストーラはCPUのPAEを要求する。非対応CPUの場合は、11.10以前のバージョンをインストールした後に12.04にアップグレードする。

【経緯】

以前使っていたThinkPad T42が遊んでいるので、Ubuntuでも入れて再活用しようと思った。Windows XPを入れ直してもいいのだが、メインでWindows 7を使っているのに、いまさらXPを使うのは芸がない。そこでUbuntu 12.04 LTSをインストールしようとしたが、インストーラが動かない。CPUのPAE〔物理アドレス拡張〕が必須で、T42のPentium Mにはこれがない。11.10以前のバージョンでインストールしてアップグレードするしかないようだ。

HDDにインストールする前に11.10のLive DVDで動かしてみたところ、案の定レスポンスがよくない。Pentium M 1.7GHzにメモリ1GBというのは、Windows XP時代なら必要十分だったのだが、最新OSには力不足なのだろうか。/usr/lib/nux/unity_support_test -pで確認すると、Unity 3Dもサポートしてない。

Unity 2Dは12.10で無くなってしまうそうなので、軽量デスクトップのLubuntuでも使ってみるかと、まずThinkPad X201のVMware Playerでいろいろと試してみた。LubuntuのDVDから導入するのが手っ取り早いが、それも芸がないので、まずUbuntu 11.10をインストールし、あとからLubuntuデスクトップをインストールすることにした。ところがいろいろとつまずいてしまった。ちなみに日本語環境は不要なので、Ubuntuは英語でインストールした。

プロキシサーバを通すためにNetwork→Network proxyでManualを選び、プロキシホスト名とポートを入力する。そしてApply system wideでシステム全体に適用する。これが/etc/apt/apt.confに書き込まれる。Ubuntuインストール直後にこのファイルは存在しない。

ソフトウェアソースはSystem Settings→Software Sourcesで設定する。インストール直後はServer for Japanになっていた。タイムゾーンをTokyoにしたからか?ここをいじる必要はないのだが、試行錯誤しているとき、Master serverならパッケージが見つかるが、Server for United Statesやfor Japanだと見つからないということもあった(原因不明)。ソースの設定は/etc/apt/sources.listに書き込まれる。

プロキシとソフトウェアソースの設定が終われば、「apt-get install lubuntu-desktop」でLubuntuデスクトップ環境(Lubunto Desktop environment)をインストールできる。その前に「apt-cache search lubuntu」でパッケージが検索できるかどうか確認しておくとよいだろう。私の環境では202パッケージ、362MBをダウンロードした。

UbuntuのWikiにはソフトウェアセンターからインストールできると書いてある。ところが検索窓に「lubuntu」と入力しても、何もヒットしない。散々悩んで、ようやく出てくるようになったのは、Update Managerを起動して12.04 LTSへのアップグレードを起動したあとだった。ダウンロード総容量(今回は957MB)や、削除されたり未サポートになるパッケージの情報が表示されて、本当にアップグレードするかどうか聞いてくる。ここでキャンセルする。するとUbuntuソフトウェアセンターでlubunto-desktopが見つかるようになった。何がおかしかったのかよく分からない。アップグレード処理の最初にrelease upgrade toolをダウンロードするが、これが関係しているのだろうか。

同じことをUbuntu 12.04 LTSをインストールしてやってみた。やはりDVDからのインストール直後はLubuntuパッケージが見つからない。Update Managerでアップデートの有無をチェックした後に、検索結果が表示されるようになった。とにかくソフトウェアソースにつなげて、最新パッケージ一覧を取得しなければ行けないようだ。

|

« 英語配列キーボードでモードレス日本語入力 | トップページ | VMwareゲストUbuntu 12.04 LTSの3Dグラフィックス・アクセラレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語配列キーボードでモードレス日本語入力 | トップページ | VMwareゲストUbuntu 12.04 LTSの3Dグラフィックス・アクセラレーション »