« Ubuntu 12.04にNISアカウントでログイン | トップページ | TerminatorとGuakeをSolarizedカラースキームで使う »

2012年9月14日

UbuntuでNISドメイン設定間違い

Ubuntu 12.04 LTSにNISをインストールしたが、NISサーバに繋がらずちょっと悩んだ。結局は単にドメイン名を間違っていただけだった。以下、メモ書き。

「apt-get install nis」でNISパッケージをインストールすると、途中でNISドメイン名を入力する画面が出てくる。ここでタイプミスしてしまったらしい。この入力値は/etc/defautdomainに反映され、domainnameコマンドで表示される。

タイプミスに気付かず、NISサーバを/etc/yp.confに定義し、システムをリブートした。ypbindの再起動だけでもよかったかもしれない。

NISサーバと通信できるかどうかをypcat passwdで確認したが、次のエラーになってしまった。

YPBINDPROC_DOMAIN: Domain not bound
No such map passwd.byname. Reason: Can't bind to server which serves this domain

ypbindが動いてないときもこのエラーが出るようだが、今回は動いていた。service ypbind stopで停止し、ypbind -debug -no-dbusでデバッグモードにしてみた。しかし特にエラーは出ていない。

「ypcat -d <ドメイン名> passwd」とドメイン名を明示したら情報を取ってこれる。どうやらデフォルトのドメイン名がおかしいということに気がついて、/etc/defaultdomainと/etc/yp.confをじっくり見比べたら、/etc/defaultdomainのドメイン名が一文字抜けていた。ここを修正したらypcap passwdが動くようになった。su - でログインも成功した。

|

« Ubuntu 12.04にNISアカウントでログイン | トップページ | TerminatorとGuakeをSolarizedカラースキームで使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Ubuntu 12.04にNISアカウントでログイン | トップページ | TerminatorとGuakeをSolarizedカラースキームで使う »