« iCloudミュージックライブラリの諸問題~Apple Muscは曲名とアーティスト名だけでマッチ | トップページ

2017年1月 5日

ThinkPadが休止状態から復帰すると大量のディスクアクセスが発生する

ThinkPadの省電力マネージャーにFast Hibernation Resumeという機能があり、これが原因で、復帰時に大量のディスクアクセスが発生する。アプリケーションが応答なしになり、マウスクリックやキーボード入力の反応も悪い。対策は、省電力マネージャーをアンインストールするか、以下のレジストリキーを追加してFast Hibernation Resumeを無効にする。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Lenovo\PWRMGRV\Data]
"FastHibernationResume"=dword:00000000

(注)このレジストリキーは64ビットWindows用なので、それ以外のバージョンでは使わないこと。私はWindows 7 64ビットと省電力マネージャー6.68.10で動作確認した。

Fast Hibernation Resumeは、休止状態に入る前にアプリケーションをスワップアウトし、ハイバネーションファイルへの書き込みや読み出し量を少なくしようというものである。これで休止状態への移行や復帰は速くなるが、スワップアウトしたメモリページはスワップインしなければならないので、これが大量のディスクアクセスを引き起こす。

ブラウザのタブをたくさん開いていると、1GBくらいのメモリを使っているはず。私の環境(T520、Windows 7 64ビット、Firefox)では、休止状態から復帰した後5分以上ディスクアクセスが治まらず、その間ブラウザが応答なしになり、使い物にならなかった。Chromeはタブ毎にプロセスを分離しているので、応答なしにはならないが、タブを選択しても反応しないなど、やはり影響を受けている。

昔のThinkPadは、省電力マネージャーにIBM独自の電源管理機能が入っていて、それが優位点だったのだが、いまはWindowsの電源管理機能が充実していて、省電力マネージャーは単にWindowsの電源管理に対する独自のUIを提供するだけの役割になっている。実際、Windows 10では省電力マネージャー事態が提供されなくなった。ほとんどの人は省電力マネージャーをアンインストールしても問題ないだろう。

バッテリー充電の閾値設定はいまでも省電力マネージャー独自の機能である。AC電源主体で使っているときは、充電量を50%で抑えることによって、バッテリー寿命を延ばすことができるとされている。これを使いたいときは、上記のレジストリキーでFast Hibernation Resumeを無効にすれば良い。

参考記事

Windows 7 - Resuming from hibernation is slow on Thinkpad
http://asqueella.blogspot.jp/2012/07/windows-7-resuming-from-hibernation-is.html

Bug report: Power Manager causes slow performance after resuming from hibernation
http://forums.lenovo.com/t5/ThinkVantage-Technologies/Bug-report-Power-Manager-causes-slow-performance-after-resuming/m-p/1349923/highlight/false#M24262

|

« iCloudミュージックライブラリの諸問題~Apple Muscは曲名とアーティスト名だけでマッチ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iCloudミュージックライブラリの諸問題~Apple Muscは曲名とアーティスト名だけでマッチ | トップページ